会社情報
http://www.hr-next.co.jp/
最近の投稿
カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
アーカイブ

「70−643資格試験レポート」

「70−643資格試験レポート」
こんにちは。KEITAです。
70-643を受験しましたので報告します。
■70-643資格試験レポート��
 09年7月8日 受験
【試験概要】
●Microsoft MCP
・Windows Server 2008 Application
 試験番号:070-643 全48問 時間110分
(赤本には、全49問、115分となっていました)
【試験範囲】
※今回の試験は今まで受験してきた
 試験範囲の知識も盛り込まれていました。
 試験範囲外の知識を問われることはありませんでしたが、
 試験で評価されるスキル範囲は今までで一番広いと思います。
 (そのため、少し下に長いです。)
 
試験 70-643 で評価されるスキル
【サーバーの展開】
◆Windows 展開サービスを使用してイメージを展開する
・メディアからのインストール (IFM)
・Windows Deployment Services の構成、イメージの取得、イメージの展開
・サーバー コア
◆Microsoft Windows アクティブ化を構成する
・KMS サーバーのインストール
・DNS SRV レコードの作成
・ボリューム ライセンス データのレプリケート
◆Windows Server Hyper-V および仮想マシンを構成する
・仮想ネットワーク、仮想化ハードウェア要件、仮想ハード ディスク
・物理から仮想への移行、VM 追加、バックアップ、最適化、サーバー コア
◆高可用性を構成する
・フェールオーバー クラスタ化
・ネットワーク負荷分散
・ハードウェアのリダンダント
◆ストレージを構成する
・RAID の種類、仮想ディスク仕様 (VDS) API
・ネットワーク取り付け記憶域
・iSCSI および ファイバ チャネル記憶域ネットワーク
・マウント ポイント
【ターミナル サービスの構成】
◆Windows Server 2008 ターミナル サービス RemoteApp
(TS RemoteApp) を構成する
・ターミナル サービス Web アクセスの構成
・ターミナル サービス リモート デスクトップの Web 接続
◆ターミナル サービス ゲートウェイを構成する
・証明書の構成
・TS ゲートウェイ マネージャ、TS RAP 、TS CAP
・ターミナル サービス グループ ポリシー
◆ターミナル サービス負荷分散を構成する
ターミナル サービス セッション ブローカ リダイレクト モード
・DNS 登録・グループ ポリシーによる設定
◆ターミナル サービスのリソースの構成および監視を行う
・Windows Server リソース マネージャを使用したリソースの割り当て
・アプリケーションのログの構成
◆ターミナル サービス ライセンスを構成する
・ライセンス サーバーの展開
・ターミナル サーバーおよびターミナル サービス
ライセンス サーバーの間の接続
・ターミナル サービス ライセンス サーバーの回復
・ターミナル サービス クライアント アクセス ライセンス (TS CAL) の管理
◆ターミナル サービス クライアント接続を構成する
・セッションへのローカル デバイスおよびリソースの接続
・ターミナル サービス プロファイル、ターミナル
サービス ホーム フォルダ
・リモート デスクトップ接続 (RDC)、シングル サインオン
・リモート デスクトップ スナップイン
・MSTSC.exe
◆ターミナル サービス サーバー オプションを構成する
・ログオフ、接続の切断、リモート コントロール、モニタ
・リモート デスクトップ プロトコル (RDP) のアクセス許可
・接続の制限、セッション時間の制限
・GPO を使用した管理、プロセスの表示
・セッションのアクセス許可、データの優先順位付けの表示
【Web サービス インフラストラクチャの構成】
◆Web アプリケーションを構成する
・ディレクトリ依存、発行、URL 固有の構成
・Microsoft .NET コンポーネント (.NET、aspx など)
・アプリケーション プールの構成
◆Web サイトを管理する
・サイトおよび Web アプリケーションの移行
・IIS Web サイトの発行、仮想ディレクトリの構成
◆ファイル転送プロトコル (FTP) サーバーを構成する
・エクストラネット ユーザー用の構成
・アクセス許可の構成
◆簡易メール転送プロトコル (SMTP) を構成する
・スマート ホストの設定、サイズ制限の構成
・配信サーバーに対するセキュリティおよび権限の設定
・適切なサービス アカウントの作成、権限、SMTP リレー
◆インターネット インフォメーション サービス (IIS) を管理する
・Web サイト コンテンツのバックアップおよびリストア
・IIS構成のバックアップ、モニタ IIS、ログの構成、管理権限の委任
◆SSL セキュリティを構成する
・証明書の構成、SSL 証明書の要求、SSL 証明書の更新
・証明書のエクスポートおよびインポート
◆Web サイトの権限およびアクセス許可を構成する
・サイトのアクセス許可および権限の構成
・アプリケーション アクセス許可の構成クライアント証明書のマッピング
【ネットワーク アプリケーション サービスの構成】
◆Windows メディア サーバーを構成する
・オンデマンド レプリケーション
・時間が重要なコンテンツ
・キャッシュおよびプロキシ
◆デジタル著作権管理 (IRM) を構成する
・暗号化、ビジネス ルールの共有
・ライセンス配信の構成、ポリシー テンプレートの構成
◆Microsoft Windows SharePoint Services サーバー オプションを構成する
・サイトのアクセス許可、バックアップ、ウィルス対策
・Windows SharePoint Services のサービス アカウントの構成
◆Windows SharePoint Services の電子メール統合を構成する
・電子メールを受信するための文書ライブラリの構成、
電子メールの送受信の構成
【勉強内容】
 赤本を購入し約一か月かけ内容を熟読(3周くらい)。
 内容を分かりやすくノートにまとめ理解を深める。
 分からない個所はネットで調べノートに記載する。
 赤本の付録問題を100%理解する。
【試験の感想】
 試験で問われる内容は試験範囲内のものですが、
いままで受けてきた70-640、70-642の知識がふんだんに盛り込まれた
問題でした。そのため上記2つの試験を受けてから本試験を受けないと、
出題されている問題の内容が理解できないかもしれません。
問題自体の難易度は70-640、70-642の試験とさほど変わらないと
感じました。
そのため、赤本のみしっかり勉強すれば合格できると思います。
【結果】
 合格!!!
【次回の抱負】
 これで、Windows Server 2008のMCTS資格は
 ・70−640
 ・70−642
・70−643
 と3つ全て取得できました!
 以上の経験からWindows Server 2008で使える機能について
 理解を深めることができました。
 実際の業務を行う上で自信につながります。 
 次回は上位資格であるMCITP
 「サーバーアドミニストレータ 70-646」を目指します。
以上です!

この記事のあなたの感想は?
  • おもしろい (0)
  • 役にたった (0)
  • 興味深い (0)
  • いいね! (0)
  • 共感 (0)

コメントをどうぞ

当てはまる値を入力して下さい。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.